人狼推議

Close=×&Tips=ポップアップを閉じる

ルールと禁止行為


人狼推議の基本的な考え方

長期人狼ゲームをプレイできるウェブサイトやアプリケーションは様々ありますが、人狼推議は以下のような考え方に基づいて、ルールと禁止行為を策定しています。

どんな状況でも、自陣営の勝利を目指す

どんなに不利な状況に置かれていても、自陣営の勝利を目指して行動してください。
明らかに自陣営の不利になるようなことは、行わないでください。

ゲーム性を維持するために、プレイヤー各人の努力が必要である

一度開始したゲームを、途中で放棄しないでください。
常にチーム戦のゲームである意識を持って行動してください。

お互いに疑いあう、ブラックな世界観のゲームである

思いどおりにならず、不快になることもままあるゲームだということを分かった上で、むしろ不快になることを楽しむというような心づもりでプレイしてください。

ゲーム中は、常にキャラクターを通して話をする

ブラックな世界観の中で、本気で感情的にならないために、すべての発言は、キャラクターがキャラクターに言っているものとして捉えるようにしてください。


↑目次


永久利用停止となる禁止行為

この項目に挙げた行為をしたことが発覚した場合、ID は永久利用停止となります。
永久利用停止状態となると、以下のようなことが起こります。

  • 新規に村に入ることができなくなる。
  • 参加している村がプロローグ中であれば、強制的に追い出される。
  • 新規にカスタム村を作成することができなくなる。
  • 作成中のカスタム村がある場合は、村建て人の権限を失う。
  • GP がリセットされる。
  • 参加中の村が終了しても GP が加算されない。
  • ブラックリストがリセットされる。
  • プロフィールのハンドル名、URL、自己紹介が非表示になる。
  • 禁止行為や不具合の報告・お問い合わせができなくなる。

永久利用停止状態は、一度なってしまうと、基本的に解除されることはありません。

突然死をすること

いかなる事情があろうと、突然死をしてはいけません。突然死予定者となって処刑されることも含みます。ゲーム中は毎日必ず何らかの発言(あるいはノートの投稿)をするようにしてください。
突然死した場合、エピローグに入るまで一切の発言や行動ができません。エピローグでは発言できますが、ゲームの決着と同時に罰則が自動適用されます。また、MVP 投票への参加権を失います。

プレイヤー自身やその関係者の事故、病気、災害などによって、ゲームを続行することが無理であると一般常識的に判断される場合は、「緊急事態の申告」を使用してください。罰則が軽減されます。

突然死により勝負が決着した場合、勝利陣営が変更されることがあります。
詳しくは「補足事項:突然死・失踪によって決着した場合の勝利陣営変更」を参照してください。

投了をすること

いかなる状況であろうと(たとえ客観的に「詰み」と言われるような状況であろうと)、投了はゲームを途中放棄する行為ですから、してはいけません。

投了とは、自陣営の勝利の可能性を潰す行為のことです。
これには、自ら投了を明言する以外にも、意図的に襲撃を失敗する、仲間の人狼や智狼の名前をバラす、CO や能力の判定結果の宣言で「詰み」を引き起こす、などの行為によって、わざと負けるように持っていくことを含みます。
単に追い詰められて何も言えなくなってしまったり、コミット機能を使用しただけでは、投了とは見なしません。

特に人狼陣営や妖魔陣営は、投了に相当する行為をしないように注意してください。
囁きや独り言などの誤爆でも罰則対象となりますので、コードネームを決めるなどして自衛してください。
CO や能力の判定結果の宣言によって間違えて投了状態にしてしまった場合は、速やかに判定を撤回・修正してください。

自陣営の勝利を目指す上で行われる、人狼 CO や、仲間の人狼や智狼の発表などは、この限りではありません。

また、投了をしているフリをすることも、ゲーム性を著しく損ねる行為ですから、やめてください。

ゲームに無関係なことを話し続けること

村ログでゲームに無関係なことを話し続けないでください。
他の参加者から注意されてもやめない場合は、荒らしと見なして罰則を適用します。

囁きなどの秘密発言、独り言、呻き、エピローグに対しては、罰則規定はありませんが、良識の範囲内で行動してください。

現在参加中の村の内容をその村の外で話すこと

このゲームは「情報」を武器に戦います。
ゲーム外で村の内容を話すと、勝敗を不当に歪めてしまう可能性があります。

参加中の村が決着してエピローグを迎えるまで、村の内容をその村以外の場所で話さないでください。
日記、ブログ、SNS などに、「いま〇〇村に参加している」というような内容を書き込むことも避けてください。
もちろん、他の人狼クローンで話すことも同様です。

同じ人が一つの村に複数の ID で参加すること

一人二役以上をすればゲームバランスが崩れますので、しないでください。

一つの ID を複数人で使用すること

これもゲームバランスが崩れますし、セキュリティ上の問題もありますので、しないでください。
ID を他人に譲渡することもやめてください。

本来のゲーム目的以外のカスタム村を作成すること

自陣営の勝利を目指さないことを認めるカスタム村(いわゆるネタ村、ランダ村、RP 村など)を作成することは、一切禁止です。
また、コミット機能を頻用して短期人狼のようなプレイを行う村を作成することも禁止です。

このようなカスタム村を見かけたときは、その村に入らないようにしてください。
村が開始してしまった場合は、ゲームプレイを続行せず、速やかに禁止行為として報告してください。管理人が当該村を強制的に廃村とします。

当サイトの正常な運営を妨害すること

ID を盗用すること、セキュリティ的に問題のある行為をすること、通常のゲームプレイの範囲を超える負荷をサーバーにかけること、不具合を悪用することなどは、当然禁止です。
悪質な場合は、アクセス禁止などの処置をすることもあり得ます。

不具合と思われる事象を発見した場合は、速やかに報告してください。

警告を合計 3 回以上受けること

警告 + 一時利用停止となる禁止行為」や「警告 + GP リセットとなる禁止行為」を複数回行い、警告が合計で 3 回以上となった場合は、荒らしに準ずると見なして永久利用停止となります。


↑目次


警告 + 一時利用停止となる禁止行為

この項目に挙げた行為をしたことが発覚した場合、ID は警告を受け、さらに一時利用停止となります。
一時利用停止状態となると、以下のようなことが起こります。

  • 期間中、新規に村に入ることができなくなる。
  • 参加している村がプロローグ中であれば、強制的に追い出される。
  • 期間中、新規にカスタム村を作成することができなくなる。
  • 作成中のカスタム村がある場合は、村建て人の権限を失う。
  • GP がリセットされる。
  • 期間中は、村が終了しても GP が加算されない。
  • ブラックリストがリセットされる。

警告 1 回目の場合は 30 日間の一時利用停止、2 回目の場合は 60 日間の一時利用停止となります。警告 3 回目の場合は、永久利用停止となります。

『緊急事態の申告』を使用すること

プレイヤー自身やその関係者の事故、病気、災害などによって、ゲームを続行することが無理であると一般常識的に判断される場合は、「緊急事態の申告」を使用してゲームを離脱することができます。
緊急事態を申告したプレイヤーのキャラクターは、その日の終了と同時に「失踪」して死亡します。
この場合も、ゲームを途中放棄することには変わりありませんので、突然死よりは軽減されるものの、罰則の対象となります。

緊急事態を申告した後は、エピローグに入るまで一切の発言や行動ができなくなります。コミット機能を有効にしている村では、自動でコミットを ON にします。エピローグでは発言できますが、ゲームの決着と同時に罰則が自動適用されます。また、MVP 投票への参加権を失います。

失踪により勝負が決着した場合、勝利陣営が変更されることがあります。
詳しくは「補足事項:突然死・失踪によって決着した場合の勝利陣営変更」を参照してください。


↑目次


警告 + GP リセットとなる禁止行為

この項目に挙げた行為をしたことが発覚した場合、ID は警告を受け、同時に以下のようなことが起こります。

  • 作成中のカスタム村がある場合は、村建て人の権限を失う。
  • GP がリセットされる。
  • 警告を受けた時点で参加中の村(プロローグ、エピローグを含む)については、村が終了しても GP が加算されない。
  • ブラックリストがリセットされる。

警告 1 回目、2 回目の場合は、利用停止状態にはなりません。警告 3 回目の場合は、永久利用停止となります。

過度の暴言や公序良俗に反する内容を書くこと

お互いに疑いあう、ブラックな世界観のゲームである以上、ある程度の刺激的な表現は許容されます。
ただし、すべてのログにおいて、良識の範囲を大きく逸脱するようなことは書き込まないでください。
「バカ」「アホ」「猿」などのプレイヤーを直接的に罵倒する表現や、露骨に卑猥な表現、グロテスクな表現、露骨に暴力的な表現などの公序良俗に反する内容は、いずれも避けてください。
「ログは誰にでも見られるものである」という意識を常に持って、書き込むようにしてください。

中の人(プレイヤー)や希望役職に関する話をすること

ゲームの情報を歪めてしまうので、村ログでは本当でも嘘でもこれらの話をしないでください。
「初心者です」「初参加です」なども禁止です。

囁きなどの秘密発言、独り言、呻き、エピローグに対しては、この制限は適用されません。

中の人丸出しで話をすること

ブラックな世界観の中で、ロールプレイの仮面を通して話をすることは、本気で感情的にならずにゲームに集中するためには、必要不可欠なことです。

ゲーム中、村ログでは、常にキャラクターを通して話をするようにしてください。
最低限、語尾を変えたり用語を言い換えたりするだけでもいいので、ロールプレイをしてください。
中の人丸出しで話をしていることが明らかな場合は、罰則対象となります。

自動生成村では、システムメッセージやキャラセットの世界観を踏襲してください。
カスタム村でも、独自の世界観を設定していないのならば、同様にシステムメッセージやキャラセットの世界観を踏襲するようにしてください。

村ログのすべての発言は、キャラクターがキャラクターに言っているものとして捉えるようにしてください。中の人丸出しの話を見ても、取り合わないでください。
結果的に中の人がバレてしまうというのは仕方ないですが、お互い知らないフリをしてください。

ただし、「緊急事態の申告」を使用するときは、例外的にプレイヤー自身の話をすることが認められます。
また、エピローグにおいては、ロールプレイの仮面は外してしまっても構いません。

囁きなどの秘密発言、独り言、呻きに対しては、この制限は適用されませんが、良識の範囲内で行動してください。

発言ミスをすること

意図的かどうかに関わらず、囁きや独り言などを誤爆しないでください。
議事録に書き込むときは、発言の種類が正しいかを、よく確認するようにしてください。

能力に関するシステムメッセージを出力どおりに書くこと

占いの結果などをそのまま村ログにコピー&ペーストする、といったことはしないでください。
騙る側がメッセージの捏造をし損ねて正体がバレる、というのは非常におもしろくない展開です。

縦読みなどの暗号を使うこと

ゲーム性を損ねる原因となりますので、しないでください。
実際には暗号ではなくても、暗号のように見えるものも禁止です。

囁きなどの秘密発言、独り言、呻き、エピローグに対しては、この制限は適用されません。

他人に投了をするように促すこと

投了は禁止されています。
他人に投了を促すようなことは言わないでください。

村人陣営が CO や判定に関して独断で嘘をついたまま死ぬこと

村人陣営が CO や判定に関して嘘をついたまま死ぬと、ゲームの前提が崩れてしまいます。
村騙りや判定騙り、独断潜伏などの戦術は否定されませんが、更新期限前には解除するなどして、村に正しい情報が提供されない、という事態が起こらないようにしてください。
ただし、村で事前に取り決めがある場合は、この限りではありません。

結社員で仲間がまだ生きている場合など、死んでからも嘘であることを「確実に」村に開示できる状況であれば、独断で嘘をついたまま死んでも構いません。
ただし、この状況で自分が死んだ場合は、生き残った仲間の結社員が、嘘であることを開示する連帯責任を負います。

例外として、守護者については、独断で非 CO したまま死ぬことが認められます。
これは、人狼の襲撃に対して、「守護者がまだ生きているかもしれない」とプレッシャーを与えることができるからです。

この項目は、他人が「嘘をついたまま死んだ村人陣営がいる可能性」を考察したり主張したりすることを、妨げるものではありません。

カスタム村独自のルールを守らないこと

カスタム村においては、村作成者が村の説明や村建て人発言で明示したルールに従ってください。
他の参加者から注意されても従わないなど悪質な場合は、罰則の対象となります。

ただし、カスタム村のルールと人狼推議のルールが衝突する場合は、人狼推議のルールが優先されます。

ブラックリストを本来の目的以外で使用すること

ブラックリストに入れていいのは、「永久利用停止となる禁止行為」を犯した ID のみです。
「自分が嫌いだから」などの理由でブラックリストを使用しないでください。あくまでも荒らしを回避するための機能として利用してください。


↑目次


その他の禁止行為

罰則規定はありませんが、以下の行為もしないように注意してください。

すぐに不快になって感情的になること

このゲームでは、思いどおりに物事が進まず、不快になることもままあります。それでも感情的にならずに、むしろ不快になることを楽しむというような心づもりでプレイしてください。
村人陣営は、感情的になれば人狼探しから焦点がズレていくので、それだけで不利になります。

不快になることがあったとしても、独り言で愚痴を言うくらいに留め、その他のログではエピローグも含めて、「個人としての不快」を出さないようにしてください。
プレイヤー同士が本気で喧嘩をすることも禁止です。

この項目は、自陣営の勝利のために他人を感情的に揺さぶることを、妨げるものではありません。

村建て人発言を悪用すること

ゲーム進行中に村建て人発言を使用して推理したり、死者など一部の人しか知り得ない情報を村建て人発言に書き込むことは、やめてください。
ゲームバランスを崩す原因となります。

村建て人発言は、下手をするとゲームを破壊してしまう場合もあるということを、常に意識して発言するようにしてください。

マナーを他人に押し付けること

マナーを押し付けないのもマナーです。


↑目次


禁止行為を見かけたら

禁止行為を見かけた場合、あるいは、禁止行為をしようとしているのを見かけた場合は、まずは禁止行為をしないようにプレイヤー同士で注意してください。

プロローグ中であれば、村を出ることを促してください。
村を出て発言が見えなくなれば、禁止行為をしたことは原則不問としますが、以下の項目については村を出ても罰則を適用します。

  • ゲームに無関係なことを話し続けること
  • 過度の暴言や公序良俗に反する内容を書くこと

進行中およびエピローグでの禁止行為や、プロローグで村を出ずに勝負が開始した場合は、トップページの「その他の事項」内にある、「禁止行為や不具合の報告・お問い合わせ」から報告してください。

禁止行為の報告は、良識に基づいて行ってください。
複数人の禁止行為がありながら恣意的に一部だけを取り出して報告したり、「不快だから」などの個人的な理由で報告したりといったことは、しないでください。


↑目次


補足事項:全般

上記のルールは、管理人の認める特段の理由がある場合を除き、人狼推議で行われるすべてのゲームに適用されます。
参加パスワードによる参加制限を設けている村(いわゆる鍵村)においても、例外はありません。
また、1 つの村で 2 項目以上の禁止行為に該当した場合は、罰則は積算して適用されます。

禁止行為に対する罰則の適用は、基本的にはプロローグ中あるいはエピローグ以後に行います。
進行中に禁止行為が発覚した場合でも、よほどのことがない限りは、勝負が決着するのを待って罰則を適用します。


↑目次


補足事項:突然死・失踪によって決着した場合の勝利陣営変更

次のすべての条件に該当する場合、「自陣営の勝利を目的として突然死・失踪を利用した」と見なし、ゲームの勝利陣営を敵対陣営に変更します。

  • 突然死あるいは失踪が、1 陣営からのみ発生した。突然死予定者あるいは失踪予定者を処刑した場合を含む。該当者が複数名発生した場合は、すべて同陣営である。
  • 上記の事態が発生した夜の直後の朝に、その者が所属する陣営が勝利した。
  • 勝利した陣営が妖魔陣営ではない。

システム上は一旦その陣営の勝利となりますが、後に管理人によって、手動で勝利陣営が敵対陣営に変更されます。
エピローグ中に変更が行われた場合は、変更後の勝利陣営に基づいて MVP 投票や GP の付与が行われます。
エピローグ終了後に変更が行われた場合、さかのぼって MVP 投票の結果や GP の付与が無効になることはありません。


↑目次


トップページに戻る