人狼推議

Close=×&Tips=ポップアップを閉じる

機能と操作方法


発言・更新

「発言」ボタンは発言と新着チェックを兼ねています。
発言欄のテキストボックスに何も書かずに「発言」ボタンを押すと、新着の議事録を取得して表示します。

発言欄のテキストボックスにセリフを書き込んでから「発言」ボタンを押しても、いきなり議事録に書き込まれたりはしません。
プレビュー画面が表示されて、本当にその内容で書き込んでいいのか確認されます。
発言の内容や種類に間違いがなければ、「書き込む」ボタンを押してください。議事録に書き込まれます。

PC 版では、発言欄のテキストボックスは、議事録の一行の文字数と揃うように、自動で横幅が調整されます。

発言ポイント

発言をすると、その長さに応じた「発言ポイント(pt)」を消費します。
1 回の発言には、最低でも 20 pt が必要です。
発言ポイントが足りない場合は、それ以上の発言をすることができなくなります。

発言の消費 pt や行数は、テキストボックスの下のガイドでリアルタイムに確認することができます。
ただし、プレビュー画面や実際に消費される値とズレる可能性があるので、あくまで目安です。


↑目次


ノート

吹き出し型の発言とは別に、「ノート」ボタンを押して発言すれば、ノート型の発言を投稿することもできます。
ノートは枚数(回数)制限制で、発言の長さに関わらず「紙」を 1 枚消費します。
文字数制限ギリギリまでめいっぱい書くと、1 枚で 87 pt 相当になります。

ノートに複数行にわたる内容を書き込んだ場合、 最初の行が自動的に見出しに変換されます。
推理をまとめて書き込むときや、村の議題提示、意見の取りまとめなどに使うと便利でしょう。
もちろん、ロールプレイで使用しても構いません。


↑目次


発言の保留時間と削除

発言には「保留時間」が設定されています。
書き込んだ直後の発言には、キャラクター名の前に「未確」の文字が表示されており、これがある間は、自分だけが書き込んだ発言を見ることができます。

保留時間内であれば、発言を削除することができます。
「この発言を削除」というボタンが吹き出しの下に表示されていますので、これを押してください。
削除すると、削除回数が 1 回消費され、使用した発言ポイントが返還されます。
削除した発言は一旦見えなくなりますが、エピローグに入ると全体に公開されます。

ノートも同様に保留時間があるので、書き込みを削除することができます。
この場合も、使用した紙は返還されます。

発言の確定

一定時間が過ぎると発言は「確定」し、他人にも見えるようになります。
発言のタイムスタンプは、「未確」の間は書き込んだ時刻を表示していますが、確定と同時に確定した時刻に更新されます。
例えば保留時間 20 秒のとき、12:00:00 のタイムスタンプで発言をしたい場合は、11:59:40 に書き込むようにしてください。
プレビュー画面でのタイムスタンプは現在時間をリアルタイムに表示しますが、サーバー時間とズレることがあるので、あくまで目安です。

遺言を書き込みたい場合。
例えば 12:00:00 更新の場合、保留時間 20 秒で 11:59:40 〜 11:59:59 に書き込まれた発言は、すべて 11:59:59 のタイムスタンプで確定させてから夜明けを迎えます。
そのため、この間に書き込んだ発言は遺言として扱うことが可能です。

独り言、アクション、囁き、呻き、緊急事態の申告などは、保留時間なしで確定しますので、削除できません。
エピローグにおける発言やノートも、保留時間がありませんので、削除できません。

発言やアクションは、確定した順番に表示され、「他者から見て正しい順番」に掲示されます。
発言の保留時間中にアクションを書き込むと、アクションの方が先に掲示されます。
アクションを確実に発言の後にしたい場合は、保留時間が終わって発言が確定されたのを確認してから、書き込むようにしてください。

保留時間の変更

保留時間の長さは、プレイヤーごとに変更することができます(20 秒以上 60 秒以下)。
変更するには、右上の「User ID」をクリックして自分のプロフィールページを表示し、「ユーザー情報の編集」内の「ユーザーオプションの変更」をクリックしてください。


↑目次


アンカー

発言の引用をしたいとき、>>40 のように書くことで、引用元の発言へのリンクを張る事ができます。これをアンカーと呼んでいます。

アンカーにカーソルを合わせると、引用元の発言がポップアップされます。
ポップアップからカーソルを外す、名前のところをクリック、右上の「×」をクリック、のいずれかの動作でポップアップが消えます。
アンカーをクリックした場合は、引用元の発言が別画面で表示されます。

スマートフォンやタブレットの場合は、アンカーをタップすると引用元の発言がポップアップされます。
名前のところをタップ、右上の「×」をタップ、のいずれかの動作でポップアップが消えます。

アンカーの書式

アンカーの書式は以下のようになっています。

「>>」(+「発言種別」)+「日付:」+「発言種別」+「発言番号」

発言番号は、その発言のタイムスタンプの左側に「(20)」のような形で表示されています。
発言番号のない発言に対してアンカーを張ることはできません。

発言種別は、掲示板履歴、独り言、囁き、呻きなどに対してアンカーを張りたいときに使います。
これは記号として、発言番号の左に「(*30)」のように併記されています。
発言種別は、日付の左に書いても構いません。

アンカーの例は以下のとおりです。

  • >>40 → その日の発言番号 40 の発言へリンクを張る。
  • >>*30 → その日の発言番号 30 の囁きへリンクを張る。
  • >>0:3 → プロローグの発言番号 3 の発言へリンクを張る。
  • >>1:*13 → 1 日目の発言番号 13 の囁きへリンクを張る。
  • >>+2:34 → 2 日目の発言番号 34 の呻きへリンクを張る。

アンカーはどの発言に対しても張れるわけではなく、さまざまな制限があります。
例えば、通常発言から囁きなどの秘密会話にアンカーを張ることはできません。
呻きには秘密会話へのアンカーを書くことはできますが、リンクが生成されません。

アンカーがちゃんと張られたかどうかは、プレビュー画面で確認できます。

発言番号のクリックでアンカーを挿入

アンカーは直接発言欄のテキストボックスに書くこともできますが、引用したい発言番号をクリックすることで、発言欄にアンカーを挿入することができます。
発言欄がページ内にない場合は、別画面で発言欄のあるページを開きます。
ゲーム進行中は、囁きなど秘密会話のアンカーは、秘密会話の発言欄に挿入されます。


↑目次


独り言

「独り言」ボタンを押して発言すれば、自分だけにしか見えない発言を書くことができます。
その時点での推理を書き留めるなり、ロールプレイのネタばらしをするなり、自由に使ってください。

ただし、勝敗が決定してエピローグに入るとすべて公開されますので、見られてはまずいことをむやみに書き込まないように注意してください。


↑目次


等幅

「等幅」にチェックを入れて発言すると、文字の幅が等しくなるようにフォントが変更されます。
占い・処刑希望の集計表を作るときなどに使用すると便利でしょう。

この機能は環境依存なので、うまく動作しないこともあります。


↑目次


アクション

「アクション」ボタンでは、ちょっとした仕草やロールプレイのト書きなどを短文で書き込むことができます。
アクションには以下の特徴があります。

  • ごく短い発言しかできない。
  • キャラクターの画像が表示されない。
  • 発言番号がないので、アンカーを張れない。
  • 保留時間がなく、削除ができない。

墓下でもアクションを使用することが可能です。
もちろん、生きている人には見えません。


↑目次


話の続きを促す/新しい紙を渡す

発言ポイントには限りがあるため、聞きたいことを聞けないうちに、その人が発言できなくなってしまうことがあります。
特殊なアクションである「話の続きを促した」を使うことで、その人に追加の発言ポイントを与えることができます。

SA00000

領主 エドガー、名家の娘 ロザリーに話の続きを促した。

2017/10/20(Fri) 19:34:40

「促し」には回数制限があり、アクションの選択肢に「話の続きを促した(残 1 回)」のように表示されています。
使い切ると、促しの選択肢そのものが表示されなくなります。

自分に対して促すことはできません。
促しを使っても、自分の発言ポイントが減ることはありません。

ノートも同様に、特殊なアクションである「新しい紙を渡した」を使うことで、その人に追加の紙を与えることができます。

SA00000

領主 エドガー、名家の娘 ロザリーに新しい紙を渡した。

2017/10/20(Fri) 19:34:40


↑目次


しおり

特殊なアクションである「ここまで読んだ」を使うと、議事録にしおりを挟むことができます。

SB00000

領主 エドガー、ここまで読んだ。


しおりを挟むと、発言欄のキャラクター画像の下にしおりのアイコン([栞])が表示されます。
これをクリックすると、最後に挟んだしおり以降の議事録を見ることができます。

しおりは独り言などと同じで、ゲーム進行中は自分にしか見えません。エピローグに入ると全体に公開されます。


↑目次


希望する役職とその変更

プロローグの間は、希望する役職を変更することができます。
変更するとその旨が、自分にしか見えないシステムメッセージで表示されます。

領主 エドガー は、村人 を希望しました。(他の人には見えません)

希望を「おまかせ」にした場合は、他の人の希望を処理した後、あまった役職の中からランダムで役職が割り振られます。
「村側おまかせ」や「人外おまかせ」にした場合は、あまった役職を割り振る際に、それぞれ村人陣営や村人陣営以外に優先的に割り振られます。

村人や人狼などの特定の役職を希望する場合は、一定量のゲームポイント(GP)が必要で、1 日目の開始時に消費されます。
GP が足りなくても希望を出すことはできますが、1 日目が開始するときに、自動的に陣営に応じて「村側おまかせ」や「人外おまかせ」に希望が変更されます。
村に入ったときや出たとき、プロローグ中に希望する役職を変更したとき、1 日目が始まらずに廃村になったときには、GP は消費されません。

希望者が役職の人数枠よりも多いときは、抽選となります。
抽選に外れた場合は、陣営に応じて「村側おまかせ」や「人外おまかせ」扱いとなって、あまった役職を割り振る段階に回されます。

※ 初参加の人はどれを選んでも、最も基本的な役職である「村人」を希望したものとして扱われます。この場合、GP は消費されません。


↑目次


村を出る

プロローグの間は、「村を出る」ボタンを押すことで、村を出てゲームへの参加を取りやめることができます。

領主 エドガー がいたような気がしたが、気のせいだったようだ……。(領主 エドガー は村を出ました)

村を出ると、いままでの自分のすべての書き込みが見えなくなります。
希望役職のシステムメッセージなどを含めて、エピローグに入っても公開されることはありません。
同じ村にもう一度入り直したとしても、書き込みが見えるようになることはありません。

初参加の人は一度村を出ると、24 時間が経過するまで、一時的にすべての村に入れなくなります。


↑目次


掲示板

1 日目以降は、発言欄の上に「掲示板」が表示されます。
掲示板には、能力の宣言や占い・処刑希望、コメント、能力者候補の出した判定などが、一覧にまとめて表示されます。
また、掲示板で宣言された能力に対応して、発言のキャラクター画像の上に「○○ CO」という情報が反映されます。

掲示板の表示位置は、発言欄の下の方にあるオプションで変更することができます。

掲示板の編集

掲示板は、発言やノートを書き込むときに「同時に掲示板を編集」のチェックを入れることで、編集することができます。
チェックを入れると、編集できる項目が自動的にチェックの下に表示されます。
能力者の判定欄は、能力の宣言で「○○ である」にした役職のものが自動で表示されるようになっています。

「同時に掲示板を編集」のチェックを入れて発言を書き込むと、掲示板の編集が「予約」されます。
発言を削除すると、編集の予約も取り消されます。
発言が確定したときに、掲示板も同時に編集され、以下のアクションが自動的に投稿されます(アクション回数は消費しません)。

SA00000

領主 エドガー、掲示板を書き換えた。

2017/10/20(Fri) 19:34:40

ガラケーの場合、能力の宣言と当該能力者の判定欄を一度に編集することはできないので、同時に編集したい場合は、2 回の発言に分けて編集するようにしてください。

掲示板履歴

掲示板は、変更された履歴がすべて記録されています。
議事録の上下にあるナビゲーターで「掲示板履歴」をクリックすると、その一覧を見ることができます。
履歴には発言番号がついているので、アンカーで引用することも可能です。


↑目次


投票

2 日目以降は、処刑対象を決めるために生存者全員で投票を行います。
投票対象の設定は、発言欄の上部にある投票欄で行います。誰に投票をするかを選び、「変更」ボタンを押してください。「変更」ボタンを押さなければ、投票対象は設定されません。

日が変わった最初の段階では、投票対象は「未設定」になっています。
このままの状態で更新期限を迎えると、「白票」を投じることになってしまいますので、投票対象の設定を忘れないようにしましょう。
全員が白票を投じた場合は、ランダムで処刑対象が決定されてしまいます。

投票が受け付けられると、システムメッセージが議事録に書き込まれます。
また、投票対象に選んだ人の名前の右に「*」印が表示されます。

領主 エドガー は、名家の娘 ロザリー を投票先に選びました。

その日に最初に「変更」したときだけは、以下のアクションが自動的に投稿されます(アクション回数は消費しません)。

SA00000

領主 エドガー、投票用紙に何者かの名前を書き込んだ。

2017/10/20(Fri) 19:34:40

2 回目以降の変更では、アクションは投稿されません。
投票対象は何度でも変更できますが、一度変更すると「未設定」に戻すことはできません。

自分に投票すること(自殺票を入れること)はできません。


↑目次


投票の反則死優先

投票には「反則死優先」というオプションがあり、「通常投票」と書かれた欄を「反則死優先」に変更すると有効となります。

領主 エドガー は、名家の娘 ロザリー を投票先に選びました。ただし誰かが突然死または失踪する場合は、自動で投票先をその人物に変更します。

「反則死優先」を選択すると、反則死(突然死や失踪)が起きる場合に、投票対象をその人物に自動で変更します。

突然死または失踪が発生するため、領主 エドガー の投票先を変更します。

反則死が複数発生する場合は、反則死予定者の中で最も多く票を得ている人物に投票対象を変更します。
最多得票者が複数名いる場合は、その人たちの中からランダムで 1 名選び、その人物に「反則死優先」を選択した全員が投票対象を変更します。
ただし、別の反則死予定者に投票している人の投票対象は、「反則死優先」を選択していても変更されません。


↑目次


能力の対象の設定

占い師や人狼など、対象を指定するタイプの能力を持つ役職は、能力欄の上部に対象を設定する欄が表示されます。
何らかの理由で能力を使えない日の場合は、対象設定欄は表示されません。

能力対象の設定は投票欄と同様に、誰を対象とするか選び、「変更」ボタンを押してください。「変更」ボタンを押さなければ、能力対象は設定されません。
日が変わった最初の段階では、能力対象は、人狼以外は生存者の中からランダムで設定、人狼の場合は「誰でもいい」になっています。

対象の設定が受け付けられると、システムメッセージが議事録に書き込まれます。
また、能力対象に選んだ人の名前の右に「*」印が表示されます。

名家の娘 ロザリー は、傭兵 カルロス を能力(占う)の対象に選びました。

能力対象は何度でも変更できます。
自分に能力を使用することはできません。
それぞれの能力の詳細は、「役職の紹介」を参照してください。


↑目次


コミット機能

※ この機能は、カスタム村で「『時間を進める』機能を使用する」を有効にすることで、使用可能となります。

事情によっては、本来の更新時刻よりも前倒しで日を進めたいときがあります。
生存者が全員「時間を進める」ことで、前倒しで更新処理が行われます。
更新処理が実際に行われるのは、全員が「時間を進める」を選択した後、10 分ごとのキリのいい時間となります。

時間を進めるには、発言欄の下の方にある「時間を進める」欄で、「時間を進める」を選んで「変更」ボタンを押してください。
発言あるいはノートの投稿を、最低一回はして確定させないと、時間を進めることはできません。

領主 エドガー が「時間を進める」を選択しました。

「村の情報」ページには、大体どれくらいの人が「時間を進める」を選んでいるかが表示されます。
ただし、具体的に誰が時間を進めているか(あるいは進めていないか)は、直接的にはわかりません。

コミットによって更新を前倒しした場合、次の日の更新期限は、「更新間隔(通常は 24 時間)以上経過した後に訪れる最初の更新時刻」となります。 例えば、0 時更新の村で 18 時にコミットで更新を前倒しした場合、次の日の更新期限は 30 時間後の 0 時、となります。


↑目次


緊急事態の申告

プレイヤー自身やその関係者の事故、病気、災害などによって、ゲームを続行することが無理であると一般常識的に判断される場合は、「緊急事態の申告」を使用してゲームを離脱することができます。

ゲーム進行中は、能力欄の下の方に「緊急事態の申告」という欄があります。
右側の「[+]」をクリックすると欄が開きますので、テキストボックスにゲームを離脱することやその理由を書いて「申告」ボタンを押します。
申告にはノート用の紙を 1 枚消費しますので、紙が残っていない場合は申告できません。

緊急事態を申告したプレイヤーのキャラクターは、その日の終了と同時に「失踪」して死亡します。
ゲームの途中放棄にあたる行為になりますので、突然死よりは軽減されるものの、罰則の対象となります。
詳しくは「ルールと禁止行為」の該当項目を参照してください。


↑目次


フィルタ

ある特定の人の議事録だけを読みたい場合や、特定の種別の議事録だけを読みたい場合は、フィルタを使って必要のない議事録を非表示にしたり、特定の議事録だけを抽出したりできます。

標準では、村ページの一番下に「フィルタ」という欄が配置されています。
ある人の議事録の表示/非表示を切り替えたいときは、フィルタのキャラクター名をクリックしてください。
一気に全員分を表示したり非表示にしたりしたい場合は、一括操作欄のボタン(全員表示、全員非表示)を利用してください。
ある人の議事録だけを抽出したい場合は、キャラクター名の右にある「抽出」をクリックしてください。抽出した議事録が、別画面で表示されます。

ある種別の議事録の表示/非表示を切り替えたいときは、「発言種別」欄の該当する種別名をクリックしてください。
種別名の右にある「抽出」をクリックすると、その種別の議事録だけを抽出して、別画面で表示します。
ゲーム進行中は、人狼など秘密会話のできる役職の場合、通常発言や秘密会話の抽出をしているときに、不要な発言欄が折りたたまれます。

フィルタの小見出し部分(「生存者」「処刑者」「突然死者」「犠牲者」「発言種別」「発言検索」「一括操作」)をクリックすると、それぞれの欄を折りたたんだり開いたりできます。

発言検索

「発言検索」欄にある「○○を含む」という項目をクリックすると、議事録から該当する文字列を含むものを検索して、結果を別画面で表示します。
下部にあるテキストボックスに文字列を入力して、「上記文字列を含む」ボタンを押すと、任意の文字列で検索をかけることができます。

任意文字列検索では、キーワードの And 指定と Or 指定が可能です。
半角スペースで区切ると And 指定、"/" で区切ると Or 指定になります。
"("、")" も使えます。
無効な評価式を指定した場合は、単純な検索になります。

フィルタに表示される情報

キャラクター名の下の行には、キャラクターごとの情報が表示されます。
左から順に、村ログでの発言回数、残りの発言ポイントと紙の枚数、促しの残り回数(赤丸数字)、新しい紙の残り回数(青四角数字)、となっています。

残りの発言ポイントと紙の枚数は、それぞれ書き込みが確定した後に反映されますので、書き込みを削除したかどうかは、他の人には分からないようになっています。

過去日の村ページを表示しているときは、フィルタには該当日のデータが表示されます。

フィルタの配置

フィルタは、標準では村ページの一番下に配置されていますが、右上の ← アイコンをクリックすると、村ページの左側に配置することができます。
下配置に戻すときは ↓ アイコンをクリックしてください。

フィルタを左に配置した場合、フィルタが固定され、議事録をスクロールさせてもフィルタが連動しないようになります。
フィルタを議事録のスクロールと連動するようにしたい場合は、□ アイコンをクリックしてください。
固定した状態に戻したいときは、■ アイコンをクリックしてください。


↑目次


MVP 投票

エピローグでは、勝利陣営の中から MVP を投票で選ぶことができます。 投票対象の設定は、投票と同様に行います。

全投票数の半分以上の票を獲得した人が、MVP に選ばれます。
突然死や失踪によるペナルティを受けると、MVP 投票への参加権を失いますので、投票対象となることも、投票をすることもできなくなります。
システムの仕様上、ダミーキャラが必ず白票を投じますので、MVP に選ばれる条件は、「ゲームをちゃんと最後までプレイした参加者の過半数から票をもらった人」ということになります。

MVP に選ばれると、追加でボーナス GP を獲得することができます。
投票結果は終了後に隠しログで出るので、確認したい場合は「全」視点にしてください。


↑目次


カスタム村の作成

一定量の GP を消費することで、お好みの設定で「カスタム村」を作成することができます。
設定したオプションによっては、追加で GP が必要となります。

カスタム村の作成は、トップページの「カスタム村の作成」から行います。
後述する設定項目の説明を参考にして、作りたい村の形を決めてください。
「村の作成」ボタンを押すとプレビューが表示されますので、問題がなければ「作成する」ボタンを押しましょう。

村の設定は、必要があれば作成後に編集することもできます。
ただし、一部の設定は、村を作成した後には編集できません。

カスタム村は、一つの ID で同時に複数作成することはできません。
カスタム村を連続で作成したい場合は、前の村が終了するのを待ってから作成してください。

カスタム村の設定項目

定員

村に参加できる人数の上限を指定します。
定員に達すると、参加者入力欄が表示されなくなります。

更新時刻

更新する時間を 30 分単位で指定します。

更新間隔

通常は 24 時間ごとに更新処理が行われ、ゲーム内の日が進みます。
「更新間隔」を変更することで、これを 48 時間ごとにすることもできます。

開始方法

村の開始のしかたを設定します。
詳しくはこちらを参照してください。

投票方法

処刑投票を行う際に、誰が誰に投票したのかを表示するかどうか選択します。
無記名投票では「○○に○人が投票した」と人数だけ表示されます。
記名投票にすると、誰が誰に投票したのかが全員に公開されます。

役職配分

占い師や人狼など、役職の編成をどうするかを設定します。

役職配分自由設定

「役職配分」欄で自由設定を選んだ場合に、具体的にどの役職を何名にするかを入力します。
自由設定以外を選んでいる場合は、この欄は表示されません。

参加制限

村に参加するときの条件を設定します。
詳しくはこちらを参照してください。
この項目は村作成後に変更できませんので、設定忘れがないように注意してください。

世界観

村に登場するキャラクターのセットや、ナレーションの文章を選択します。
この項目は村作成後に変更できませんので、設定忘れがないように注意してください。

発言量の制限

発言ポイントや紙の枚数の制限レベルを選択します。

促しの回数

特殊なアクションである「話の続きを促した」と「新しい紙を渡した」を使用できる回数を選択します。

役職希望

「役職希望を無視する」にチェックを入れると、全員の役職希望を、村の開始時に「おまかせ」に自動変更します。
ただし、初参加者の村人希望への自動設定は、この項目よりも優先されます。

コミット機能

「『時間を進める』機能を使用する」にチェックを入れると、コミット機能を利用できるようになります。

自動村宣伝

「公式ツイッターアカウントで村宣伝情報を配信しない」にチェックを入れると、公式ツイッターアカウントでの自動村宣伝を無効化します。
詳しくはこちらを参照してください。

廃村期限

カスタム村は、作成したときに廃村期限が定められます。
廃村期限は、「作成時刻から丸 15 日経過した後に最初に訪れる更新時刻」となります。

廃村期限を過ぎると、村は開始せずにノーゲームとなり、いきなりエピローグを迎えます。
ただし、参加者が定員に達して村の開始を待っている状態では、廃村期限を過ぎても廃村になりません。
この場合、誰かが村を出て定員割れを起こすと、即座に廃村となりますので、注意してください。

残念ながら参加者が集まらず、村が廃村になってしまった場合でも、村を作成するのに消費した GP は、エピローグが終了した後に返還されます。
初回は全額返還されますので、日程や設定を見直して、カスタム村作成を再チャレンジしてもいいでしょう。
連続 2 回目以降の廃村では、半額(切り捨て)返還となります。

作成した村が開始できたときは、連続廃村回数のカウントがリセットされます。


↑目次


カスタム村作成者の独自の機能

村建て人発言

村作成者は独自の発言欄を持ち、「村建て人発言」という特殊な発言をいつでもすることができます。
参加者に対して村の説明をしたり、行動を指示したりする際に利用してください。

ゲームバランスを崩す原因となりますので、ゲーム進行中に村建て人発言を使用して推理することはやめてください。
また、村作成者がゲームに参加していて死亡した場合、死者の立場で生存者に向けて発言する、ということができてしまいます。
村建て人発言は、下手をするとゲームを破壊してしまう場合もあるということを、常に意識して発言するようにしてください。

村の編集

プロローグの間は、必要に応じて村の設定を編集することが可能です。
ただし、一部の設定は、村を作成した後には編集できません。

設定を編集すると、議事録に以下のシステムメッセージが書き込まれます。

村の設定が変更されました。

村開始

村の設定で開始方法を「村作成者が手動で開始」にしている場合に表示されます。
このボタンを押すと、村作成者が任意のタイミングで村を開始することができます。

また、役職編成が「自由設定」以外の村では、参加者が定員に満たなくても 8 名以上いれば、村を開始することができます。


↑目次


ブラックリスト

禁止行為に抵触したプレイヤーがいた場合、管理人によって罰則が課されますが、発覚が遅れたり、すぐに対処できない場合もあります。
永久利用停止となる禁止行為」に抵触したプレイヤーと同じ村に入ることを避けたい場合は、「ブラックリスト」を利用することができます。

ブラックリストにプレイヤーを追加すると、該当プレイヤーがいる村に自分が参加しようとしたときにブロックされます。
後から該当プレイヤーが村に参加した場合は、自分が村を出ます。

自分以外のプレイヤーのプロフィールページにいくと、「ブラックリストの編集」という欄があります。
右側の「[+]」をクリックすると欄が開きますので、「ブラックリストに追加」ボタンを押してください。
一度追加したプレイヤーをブラックリストから削除したい場合は、同じボタンが「ブラックリストから削除」に変わっていますので、これを押してください。

ブラックリストにプレイヤーを追加すると、一定量の GP を消費します。
追加したプレイヤーが永久利用停止状態になった場合は、ブラックリストから削除したときに、消費した GP が返還されます。

ブラックリストの編集は、自分のプロフィールページを表示し、「ユーザー情報の編集」内の「ブラックリストの編集」をクリックすることでも可能です。

「永久利用停止となる禁止行為」に抵触したプレイヤー以外を、ブラックリストに追加しないでください。
違反が発覚した場合は罰則の対象となります。

多重退村による一時入村禁止措置

あるプレイヤーが村に入ったときに、ブラックリストの機能によって一度に複数人が村を出た場合、該当プレイヤーは荒らしの疑いがあると見なされ、村を追い出された上で 7 日間の一時入村禁止状態となります。

一時入村禁止状態は罰則ではないので、プロフィールページの「ペナルティ履歴」には掲載されません。
その後、管理人による調査が行われ、実際に「永久利用停止となる禁止行為」を行ったと判明した場合は、改めて罰則が課されます。


↑目次


ガラケーモードのナビゲーター

文字 説明
P○ ○ページ目を表示
前のページへ移動
次のページへ移動
その日のログ(または掲示板)の先頭へ移動
その日のログ(または掲示板)の一番最後へ移動
最新日の一番最後(最新)へ移動
発言欄/能力欄を表示
表示行数/表示順序の設定欄を表示
画面の一番上へ移動
画面の一番下へ移動

↑目次


ガラケーモードでのアクセスキー一覧(ログ表示時)

1
 
2
ページの先頭
3
 
4
前のページ
5
最新
6
次のページ
7
書き込み画面
8
ページの末尾
9
 
*
ログ(掲示板表示時)
0
掲示板(ログ表示時)
#
 

↑目次


ガラケーモードでのアクセスキー一覧(書き込み画面表示時)

1
 
2
発言入力欄
3
 
4
前の画面へ戻る
5
 
6
アクション入力欄
7
 
8
能力欄
9
 
*
 
0
 
#
 

↑目次


トップページに戻る