人狼推議

トップページへ

あらすじ

とある村に人食いの魔物「人狼」があらわれました。人狼は村人になりすまして、夜な夜な人間を襲います。
追い詰められた村人たちは最後の手段として、一日一人ずつ疑わしい者を処刑するという方法で、人狼を退治することにしました。
 


人狼推議とは?

村人と人狼との戦いを題材にした、「推理」と「議論」のゲームで遊ぶサイトです。
長期戦タイプ(一日が 24 時間以上)の「人狼ゲーム」をプレイできます。
 

プレイヤーはそれぞれ村の住人に扮し、村人陣営と人狼陣営に分かれて戦います。
自分がどちらの陣営に所属するかはランダムですが、希望を出すこともできます。

村人は、人狼の疑いがある者を一日一人ずつ投票で決めて処刑します。
また、村人の中には、人狼を探し出すための手がかりとなる特殊な能力を持つものがいます。例えば「占い師」は、一日に一人だけ指定した人物が人狼か人間かを判別することができます。
こうした能力を活用しながら推理と議論を重ね、人狼を全員見つけ出して退治すれば、村人陣営の勝利となります。

人狼は自分の正体がばれないよう、普段は村人として振る舞います。
人狼同士は「囁き」という特殊能力で、村人には聞こえない秘密の会話をすることができます。そして全員で相談しながら、一日一人ずつ村人を殺害していきます。
また、強力な能力を持つ「占い師」などは、放置していては早晩追い詰められてしまいますので、「実は私が占い師だ」などと嘘をついて村人を騙したり、情報を撹乱したりする必要が出てくるでしょう。
村人たちを騙し続け、人間の数を人狼以下に減らせば人狼陣営の勝利となります。